【1陸技】 無線工学B 過去問分析

過去問(平成19年度1月期~平成23年7月期)の無線工学Bの過去問分析です。

H19.1から順番に解いていった場合に過去問が何問あるのかをまとめました。

試験 解いた試験 過去問率
H19.1 0回分 -%
H19.7 1回分 (H19.1)) 0%
H20.1 2回分 (H19.1-H19.7) 0%
H20.7 3回分 (H19.1-H20.1) 0%
H21.1 4回分 (H19.1-H20.7) 20%
H21.7 5回分 (H19.1-H21.1) 36%
H22.1 6回分 (H19.1-H21.7) 56%
H22.7 7回分 (H19.1-H22.1) 60%
H23.1 8回分 (H19.1-H22.7) 64%
H23.7 9回分 (H19.1-H23.1) 68%

はたして、これが何を意味するのか。
例えば、H22.7の無線工学Bを受験した方はH19.1~H22.1までの7回分(年2回なので3年半分)解いていれば過去問だけで60%解答できることになります。
ちなみに、合格点は60%。

過去問を多くこなすことで無線工学Bは多く正答できるのです。

adobe 25周年セール中

イラストレータ発売25周年記念とやらでadobe製品が10日間限定でセールを実施中!!

2012年8月17日(金)午前0時00分から2012年8月26日(日)午後11時59分(日本時間)

たまにセールはやっているけど、学生・教職員版はいつも対象外!
だけど今回は学生・教職員版も対象です!!実はこれかなりお得!

[参考]
全て入ったmaster collection のwindows版は
¥ 334,950

学生版はなんと
¥ 125,790 (この時点で62%OFF)

これがさらにセールで
¥ 96,858 (ナント71%OFF)

まぁ10万ってかなり高額・・・。

でももし単体で全部買おうとしたら… 1029,630円…wwww
ほぼ103万円

Photoshop Extended 131,250円
Illustrator 78,750円
InDesign 93,240円
Acrobat X Pro for Creative Suite 57,540円
Flash Professional 88,200円
Flash Builder 89,250円
Dreamweaver 49,875円
Fireworks 39,900円
Premiere Pro 98,175円
After Effects 131,250円
Audition 40,950円
SpeedGrade 131,250円
Adobe Prelude
Encore
Bridge
Media Encode

学生版を購入できる人は限られますが、ぜひ!!

とはいっても、CS6 一部マルチプラットフォーム対応に書いたように学生で指定校版を購入できる人は指定校版を購入しておいた方がwin,mac両方で使えるのでお得^^*

CS6 一部マルチプラットフォーム対応

基本的にadobe CSシリーズはwindows版、mac版に分かれており両方を使用したい人はそれぞれ1つずつ買う必要がある。

しかし、1パッケージの購入で両方使用したいという人にはマルチプラットフォーム対応というものがある。(注意:量販店で売っている製品はマルチプラットフォームでは無い)

なんとCS6から指定校版に限りマルチプラットフォーム(1パッケージでwin版、mac版を使用可能、ただし同時使用は不可)に対応しているらしい!!

指定校版とは正式には指定校学生・教職員向けプログラム製品といらしく、指定された大学の学生などに限り購入できる製品。
既に大幅値下げの学生・教職員個人版よりも安く購入できさらにCS6からはマルチプラットフォーム対応という超お得! (まだ調査中なので詳しくはまた後日)
アップグレードはどうなるんだろうか?
よくある質問には、『通常のアップグレードパッケージをお求めください。』とだけ。

たしか、以前からもアドビボリュームライセンス(AVL)を利用すればマルチプラットフォームに対応していたと思う。

そういえば以前研究用で購入した際は、証書のようなものにwindowsのライセンスコードとmacのライセンスコードが記載されていた。

アドビボリュームライセンス(AVL)には2種類あり、TLPとCLPがある。といっても、基本的に法人や教育機関が対象で個人では購入できない。

TLPは1ライセンスから購入可能なので個人経営などの場合には購入できるのでは?

ソースコードの表示

プラグイン:SyntaxHighlighter Evolved
作者のサポートサイト?

echo "aaa";
/* ここにjsソース記載 */
<div class="aa">
  <a>aaa</a>
</div>

[○○]
/* ここに記述 */
[/○○]

○○ (サポート)は以下
・actionscript3
・bash
・clojure
・coldfusion
・cpp
・csharp
・css
・delphi
・erlang
・fsharp
・diff
・groovy
・html
・javascript
・java
・javafx
・matlab (keywords only)
・objc
・perl
・php
・text
・powershell
・python
・r
・ruby
・scala
・sql
・vb
・xml

autolinks (true/false) — Makes all URLs in your posted code clickable. Defaults to true.
collapse (true/false) — If true, the code box will be collapsed when the page loads, requiring the visitor to click to expand it. Good for large code posts. Defaults to false.
firstline (number) — Use this to change what number the line numbering starts at. It defaults to 1.
gutter (true/false) — If false, the line numbering on the left side will be hidden. Defaults to true.
highlight (comma-seperated list of numbers) — You can list the line numbers you want to be highlighted. For example “4,7,19″.
htmlscript (true/false) — If true, any HTML/XML in your code will be highlighted. This is useful when you are mixing code into HTML, such as PHP inside of HTML. Defaults to false and will only work with certain code languages.
light (true/false) — If true, the gutter (line numbering) and toolbar (see below) will be hidden. This is helpful when posting only one or two lines of code. Defaults to false.
padlinenumbers (true/false/integer) — Allows you to control the line number padding. true will result in automatic padding, false will result in no padding, and entering a number will force a specific amount of padding.
toolbar (true/false) — If false, the toolbar containing the helpful buttons that appears when you hover over the code will not be shown. Defaults to true.
wraplines (true/false) — If false, line wrapping will be disabled. This will cause a horizontal scrollbar to appear for long lines of code.

templateの作成

templateのアップ先は
/wp-content/themes/****/

テンプレートファイル名がtemplate-test.phpの場合は
/wp-content/themes/****/template-test.php

アップすると【外観】→【テーマ編集】の右側に表示される。

テンプレートの名前は、template-test.phpの中で次のように指定。
以下の場合『テンプレートテスト』というテンプレートが作成される。

<?php 

/*  

Template Name: テンプレートテスト

*/ 

get_header(); ?>

【固定ページ】の【テンプレート】で選択すると適用される。

【一陸技】 無線工学B 対策

無線工学B オススメの勉強法

参考書 + 過去問集 ( + 精選問題集 )
(時間がある場合は、参考書を一読してから問題を解くといいと思いますが、試験日まで2ヶ月を切っている場合はすぐに過去問に取り掛かるべきだと思います。)
精選問題集は時間に余裕があり、絶対に合格しなければならない人に適していると思います。
(手っ取り早く合格したい人は手を出さない方がいいかも? 過去問解く方が効率的。)

<参考書の使い方>
まず1週間以内で一通り目を通す。(どこに何が載っているか把握する。)
この際、途中にある問題は解かなくてもいいが、解く場合は【一陸技】マークの問題のみで十分
あとは、過去問でわからないところの参照用。

<過去問集の使い方>
過去問が多いので問題を解きながらもしそれが一度解いた問題だった場合は【過去出題済みマーク】をつけておくといいと思います。(3周目以降では同じ問題を何度も解くことになってしまうので。試験直前で何度も同じ問題に目を通す、より多くの問題に目を通した方がいいと思いますので。)

自分の勉強法

無線工学Bの勉強は一番難しいと聞いていたので参考書から入りました。
参考書を一通り読み掲載されている問題も全部解きました。(※今思うと良くない勉強法だった)
その後過去問(H19.1-H23.7)を解き始め、H19年度から1問ずつ解き1問ずつ答え合わせを行いました。
過去問からの出題が多いので、途中から自力で解ける問題が増えてきます。
全部で5-6周位したと思います。2周までは全問解き、3周目からは間違えた問題のみを解きました。

自分の日程

日付 内容 日数(実質日数)
2012/5/2 【無線工学B】 参考書開始 30日 (15日程度)
2012/5/31 【無線工学B】 参考書終了
【他の科目対策】 日の空き
2012/6/24 【無線工学B】 1周目開始 9日 (6日)
2012/7/4 【無線工学B】 1周目終了
【他の科目対策】 日の空き
2012/7/19 【無線工学B】 2周目開始 5日 (3日)
2012/7/20 【無線工学B】 2周目終了
【他の科目対策】 *日の空き
2012/7/21 【無線工学B】 3周目開始
2012/7/24 【無線工学B】 直前対策
2012/7/25 【無線工学B】 本番

過去問 得点の推移

1回目の初めのころはだめだめですが平成23年度になると問題がわかってきて解けるようになります。
(過去問からの出題が多いから)

日付 試験 回数 正答率
2012/6/24 平成19年度1月期 1 52.0%
2012/6/24 平成19年度7月期 1 63.2%
2012/6/30 平成20年度1月期 1 68.0%
2012/6/30 平成20年度7月期 1 61.0%
2012/6/30 平成21年度1月期 1 80.0%
2012/7/1 平成21年度7月期 1 68.0%
2012/7/1 平成22年度1月期 1 73.6%
2012/7/2 平成22年度7月期 1 71.2%
2012/7/2 平成23年度1月期 1 82.4%
2012/7/4 平成23年度7月期 1 83.2%
2012/7/19 平成19年度1月期 2 74.4%
2012/7/19 平成19年度7月期 2 81.6%
2012/7/19 平成20年度1月期 2 75.2%
2012/7/19 平成20年度7月期 2 66.4%
2012/7/19 平成21年度1月期 2 85.6%
2012/7/20 平成21年度7月期 2 76.0%
2012/7/20 平成22年度1月期 2 75.2%
2012/7/20 平成22年度7月期 2 86.4%
2012/7/20 平成23年度1月期 2 95.2%
2012/7/20 平成23年度7月期 2 100.0%