【一陸技】 無線工学B 対策

無線工学B オススメの勉強法

参考書 + 過去問集 ( + 精選問題集 )
(時間がある場合は、参考書を一読してから問題を解くといいと思いますが、試験日まで2ヶ月を切っている場合はすぐに過去問に取り掛かるべきだと思います。)
精選問題集は時間に余裕があり、絶対に合格しなければならない人に適していると思います。
(手っ取り早く合格したい人は手を出さない方がいいかも? 過去問解く方が効率的。)

<参考書の使い方>
まず1週間以内で一通り目を通す。(どこに何が載っているか把握する。)
この際、途中にある問題は解かなくてもいいが、解く場合は【一陸技】マークの問題のみで十分
あとは、過去問でわからないところの参照用。

<過去問集の使い方>
過去問が多いので問題を解きながらもしそれが一度解いた問題だった場合は【過去出題済みマーク】をつけておくといいと思います。(3周目以降では同じ問題を何度も解くことになってしまうので。試験直前で何度も同じ問題に目を通す、より多くの問題に目を通した方がいいと思いますので。)

自分の勉強法

無線工学Bの勉強は一番難しいと聞いていたので参考書から入りました。
参考書を一通り読み掲載されている問題も全部解きました。(※今思うと良くない勉強法だった)
その後過去問(H19.1-H23.7)を解き始め、H19年度から1問ずつ解き1問ずつ答え合わせを行いました。
過去問からの出題が多いので、途中から自力で解ける問題が増えてきます。
全部で5-6周位したと思います。2周までは全問解き、3周目からは間違えた問題のみを解きました。

自分の日程

日付 内容 日数(実質日数)
2012/5/2 【無線工学B】 参考書開始 30日 (15日程度)
2012/5/31 【無線工学B】 参考書終了
【他の科目対策】 日の空き
2012/6/24 【無線工学B】 1周目開始 9日 (6日)
2012/7/4 【無線工学B】 1周目終了
【他の科目対策】 日の空き
2012/7/19 【無線工学B】 2周目開始 5日 (3日)
2012/7/20 【無線工学B】 2周目終了
【他の科目対策】 *日の空き
2012/7/21 【無線工学B】 3周目開始
2012/7/24 【無線工学B】 直前対策
2012/7/25 【無線工学B】 本番

過去問 得点の推移

1回目の初めのころはだめだめですが平成23年度になると問題がわかってきて解けるようになります。
(過去問からの出題が多いから)

日付 試験 回数 正答率
2012/6/24 平成19年度1月期 1 52.0%
2012/6/24 平成19年度7月期 1 63.2%
2012/6/30 平成20年度1月期 1 68.0%
2012/6/30 平成20年度7月期 1 61.0%
2012/6/30 平成21年度1月期 1 80.0%
2012/7/1 平成21年度7月期 1 68.0%
2012/7/1 平成22年度1月期 1 73.6%
2012/7/2 平成22年度7月期 1 71.2%
2012/7/2 平成23年度1月期 1 82.4%
2012/7/4 平成23年度7月期 1 83.2%
2012/7/19 平成19年度1月期 2 74.4%
2012/7/19 平成19年度7月期 2 81.6%
2012/7/19 平成20年度1月期 2 75.2%
2012/7/19 平成20年度7月期 2 66.4%
2012/7/19 平成21年度1月期 2 85.6%
2012/7/20 平成21年度7月期 2 76.0%
2012/7/20 平成22年度1月期 2 75.2%
2012/7/20 平成22年度7月期 2 86.4%
2012/7/20 平成23年度1月期 2 95.2%
2012/7/20 平成23年度7月期 2 100.0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>